家族だろうが人の物は勝手に捨てるな

朝起きて飲もうと思っていた飲み物を冷蔵庫をあけたら見当たらなくて、親に聞いたら古いので捨てたと言われてイライラしました。
開封後の飲み物の消費期限なんて私は知らないので、何日も置いていて腐っていると感じたら一言、ずっと封が開いていて腐りそうだから捨てると一言くれたらよかったのにと思いましたが、勝手に親子とはいえ他人のものを処分されてイライラしました。
親子だから不要そうなものは、勝手に処分してもよいという考えが親にはあるので本当にイライラします。
飲み物の存在をすっかり忘れて放置している場合もありますが、冷蔵庫を開けてすぐのところにわざと置いてあって起きたら飲もうと考えていただけに、朝から出鼻をくじかれてイラっとしました。
その飲み物がカルピスのような普通の飲み物ならば、こんなにイライラすることはなかったのですが、私が用意していたのは、ノンカフェインのコーヒーでした。
ノンカフェインに対してこだわりを持っているので、その日はどうしてもノンカフェインの飲み物を飲みたくて、捨てられるとも思わず新しいものを用意していなかったのでさらにイライラ。
ごめんの一言も全くなく、いい仕事したみたいな雰囲気を醸し出されても困ります。
他人のものを捨てるときは一言欲しいと伝えても聞く親ではないので、一瞬でイライラしてその日は口も聞きたくありませんでした。
ほんの数秒の出来事でしたが、朝から気分が最悪で嫌な1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です