自信がないことと、自分についてお知らせしないことは違います。

滅多にイライラとか、感情面で人からの影響を受けたりしないのですが、「わからない」人ほど、イライラすることはないかな、と思います。はっきりと伝えることが出来る人の中には、むっとすることもなきにしもあらずですが、イライラはしません。最悪「くそ!」で終了です。
先日、「ジモティ-」で友人募集をかけたのですが、挨拶から先へ進まない人がかなりいます。やっぱり、直接的に人と関わるのが苦手な人が、こういう場所を利用するのかな、と思ってしまいます。だったらサイトでこちらが希望する人を探すのは、かなり困難だと思いました。まあ、物品交換などの目的があることなら利便性はいいですし、どんなことも「とっかかり」としては実に便利ですが、参入してみると、大して自分にメリットはないと感じました。中には、性別さえ記載されていない人もいます。そういう人は、一体自分のどういう情報を相手に与えて判断してもらおうと考えているのか、全く不明です。少なくとも、自分アピールは
「おいら、人種差別したくないんで、性別記載は拒絶します。」でもいいし、
「今日はあまりに気持ちいいので、ベランダの窓を開けてみました。」くらいであっても必要です。その一言で、いくらか人格判断ができるというものです。いくら友達募集にメールされても、ニックネームだけでほいほい待ち合わせに来るような人はいないでしょう。勿論、会話の段階で進みません。そして、そういう人ほど
「いつも既読スルーされてしまって。」と、甘えてきます。このままでは気の毒なので、
「情報をもっと開示しないと、私でも通り過ぎてしまいますよ。」とアドバイスを送ることしかできないですね。売り子のバイト(http://xn--nbk9bsf4a5187b67c.jp/)でもして自分を鍛え上げた方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です